東京喰種:re 〜トーキョーグール考察サイト〜

東京喰種の考察情報をまとめています。

謎の少年「甲」の正体はオッガイの「葉月ハジメ」!?理由を調べてみた

      2017/06/14

:re127話でナキに救われた謎の少年「甲」

彼の正体について色々な説が出ているので確認と検証をしていこうと思います。

 

甲の登場と同時に「こいつオッガイじゃね?」

という声が多くあがりました。

 

そしてその中でも甲の正体を「葉月ハジメ」と特定する意見がたくさんあります。

 

葉月ハジメって誰?

まず「葉月ハジメ」って誰?って人の為に補足

 

東京喰種13話「白鳩」の中で1ページだけ登場した

亜門が見かけたCCGが抱える孤児です。

※東京喰種2巻より引用

葉月ハジメという名前は名札でわかりました。

 

その後「葉月ハジメ」と思われる少年がオッガイの一員として登場します

*「ー本当なのかな」

「 “ベー” の隊長は半分までいったって」

*「さあ?」

*「 “あー” が一番だよ」

*「ぼくらの隊長はもう半分いったもん」

場面は なにやらコンテナがたちならぶところにてクンクンと鼻をしながら歩き回るオッガイ達の様子から

 

*「はじめ」

*「急かすな 待て」

 

「…..」ピク

「…8番目だ」

※東京喰種:re 119話より引用

 

スポンサードリンク

 

甲の正体はCCGのスパイで葉月ハジメ?

まず「甲」の正体が葉月ハジメだと疑われてる理由を挙げていきます。

 

1.甲の登場回のタイトルが「はじめ」

東京グールではタイトルが伏線の答えを暗示していることがあります。

この回は「甲」目線でストーリーが進んでいます

この事から「甲」の正体が「葉月ハジメ」であることを暗示しているという声が多く挙げられています。

 

2.オッガイに「根暗班長」=「はじめ」?がいない

甲が登場した127話の冒頭でオッガイ同士で以下のような会話がありました。

オッガイA

「・・・根暗班長がいねーで気楽だなぁ」

オッガイB

「だね」

オッガイC

「索敵の精度は下がったけど」

 

索敵の精度が下がったということは

鼻を使いグールを探し当てた「はじめ」と呼ばれていたオッガイが根暗班長では無いかと思います。

 

つまり現状オッガイに「葉月ハジメ」がいない=黒山羊アジトに潜入中だと考えられます。

 

3.甲という名前の由来

甲という字は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干(じっかん)の最初に来る文字です。

※十干(じっかん)とは

古代中国で考えられ、日本に伝えられた。十二支と合わせて干支(かんし、えと)といい、暦の表示などに用いられる。

最初(はじめ)に来る文字という事で「甲」と付けられたのでは?

という説が出ています。

 

まとめ

以上が「甲」がCCGのスパイで「葉月ハジメ」だと疑われてる理由ですね。

かなり辻褄が合いますし可能性が高い説だと思います。

個人的に気になるのは「甲」が隻眼で無かった点ですかね。

ただフレームアウトした瓜江も両目赫眼になってましたから、今の嘉納式では両目赫眼になるって可能性もあるので関係無いかなと。

とりあえずこんな所です

読んで頂いてありがとうございました。

 - 謎・伏線