東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京グール:re 97話「身一つ」 ネタバレ 最新98話情報

      2016/10/22

▼次話更新

東京グール:re 98話「旧派」 ネタバレ 最新99話情報

東京グール:re 97話 ネタバレ

■見覚えのある”黒い面(マスク)”…!!

羽織っていた服を脱ぎ、構えるカヤ「なーに?」

「幽霊でも見るようなツラして」

伊東「ったくロゼ戦と言い…」

「なーんで俺はこう 想定外の相手ばっか来るかね…!?」

赫眼を出したカヤが飛び出す。
それを迎え撃つ伊東と武臣。

伊東「黒狗ッ…」

「全滅したんじゃ」

「ねぇのかよッ」

武臣・伊東それぞれの攻撃をジャンプして躱すと、逆に武臣に飛び蹴りを放つ。
ガードしたクインケの刃が腕に刺さる武臣。

すぐさまクインケを振るって反撃するも、身軽な動きで難なく躱すカヤ。

そのまま月山と背中合わせの格好に。

月山「change?」

カヤ「ええ お願いするわ」

月山「oki-doki!!」

強烈な一撃で武臣のクインケを折り、さらに武臣を蹴り飛ばす。

武臣「…ッ」

さらに赫子を構える月山「ッフ!!!」

伊東「武臣下がれ」

武臣「!」

伊東「俺の予備つかえ!」

飛び出した伊東を止めたのはナキ「らァ!!!」

伊東「!」

ナキがクインケを弾いた隙に透かさずミザが距離を詰める。

ズバァ

伊東「ぐっ…」

顔を斬られ、思わず後ずさる伊東。

伊東(クソッ…目の上を…)

流れ出た血で目を開けられない様子。

ナキ「ナイスババア!」

ミザ「だからババアって…もういいか」

ホオグロ「アニキ!」

承正「流石です!」

一方カヤは宇井と交戦中。
カヤの連続攻撃を素早い動きで躱す宇井。
腋の処理はしっかりできている模様。

97-1

そのまま二人は戦いながら森の奥へ。
途中で乱入してきた白スーツをノールックで仕留める宇井。

宇井「散歩は終わりだ」

喰種「ゴッ」

宇井「首輪をくれてやるよ」

カヤ「あら素敵ね 形見にするわ」

97-2

とその時、カヤの背後から攻撃する富良上等。

富良「躾のなってぇワン公だな ウチの柴の方がお利口だぜ」

宇井(ナイス富良上等)

(死ね犬)

カヤがふらついた瞬間を狙う宇井だが、その刃を素手で受け止めた謎の喰種。

「っと」

97-3

宇井「…!!!」

「…そうかィ」

クロナに貫かれたロマに声をかける死堪。

「ダイジョブかー☟」

ロマ「大丈夫じゃねーよぉ エーン」

錦「…手応えは?」

クロナ「貫通させたが…赫包には届いてない」

よろよろと立ち上がるロマが服をペロっとめくる

97-4

「ヒドイヨォ女のコに…」

「シェンパパシェシェ…」

「シェーン──」

「んみゃああああああああッッッッ!!!!」

ニシキらに襲い掛かるロマ。
赫子の一撃を錦は飛んでかわす。

ロマ「みゃっ」

「んニィ」

壁走りで逃げるニシキに、次々と赫子を突き出していくロマ

「先輩」

「無駄ッスよ」

「また」

「ドジョウすくいみたいに」

「ヌルヌルと」

「見逃すばかり」

「それが」

ザンッ

「あひっ」

ロマの赫子をまとめて斬り落とすクロナ。

「邪魔だ失せろ」

さらにロマの腹を斬りつける。

トドメを刺そうと赫子を構えるクロナ。
とそこで倒れているロマが叫ぶ。

ロマ「シコちゃん!」

遠くで座って見ていた死堪

「なんやの」

ロマ「”はね”え!!!」

死堪「あい☏」

バキキ…と背中から赫子を出す死堪。

クロナ(羽赫…!)

(数は多いが…全部打ち落としてやる!)

巧みな赫子捌きでそれらを打ち落とすクロナ。

「!」

とそこで死堪に捕らえられてしまう。

死堪「さすー☢」

もう一方の手からビキビキと赫子を出す死堪。

クロナ(甲赫!?)

(“二種持ち”か…!!)

「伏せろ壁パイ!!」

死堪「!?」

強烈なニシキックが炸裂。

死堪「☜」

「☜」

「☜」

「☠」

クロナ「助かる」

錦「オウ」

クロナ(つーか…)

「赫子2タイプかよ…メンドクセェな…」

錦「ああ…」

まだ悶えている死堪「ポンポいたい…☢」

ロマ(シコラエはパァだけど『特別な赫子』をもってる…)

(それでコクリアに囚われてたんだからね…)

(つーことで…)

(まだまだこちらが有利ッスよ先輩──!!)

97-5

死堪「もうやだー」

「かえるー☹」

そのまま出口から駆けてゆく死堪。

ロマ「…先輩 争いって」

「空しいと思いませんか?」

錦「思わねえな」

スポンサードリンク

【亜門vsクインクス】

瓜江の攻撃をドウジマで受ける亜門。

瓜江(あの『クインケもどき』が邪魔だ…)

(連打では削り切れないぞ…)

「シャオッ」

ガズン

死角から強烈な蹴りを放つシャオ。

 

97-6

蹴られた場所から血が噴き出している。

亜門(刃…?)

(いや…!)

シャオ「我日弥」

両手の甲、そして踵の部分には小さな刀が。

97-7

クインケ:クアイ1/4 【鱗赫 Aレート】
四肢それぞれに装着されたブレード型のクインケ

素早い攻撃で亜門の身体に少しずつ傷をつけていくシャオ。

亜門「ぐ」

「あっ」

とそこで背後から瓜江の一撃が入る。

瓜江「米林!!」

才子の強烈な一撃が亜門に炸裂。

97-8

シャオさんのケツが揺れ、地面が崩れるほどの一撃だがなんとか耐えている亜門。

亜門「ぐ…」

「う…!!!」

「ぐが」

シャオ(耐えてる…)

(才子ちゃん先輩の赫子を…)

浮かない顔の才子「……」

「班長…才子…」

瓜江「……」

才子「この”喰種”の所有権─」

瓜江「駄目だ」

即答する瓜江。

「以前話していた お前を救った”喰種”だろう…」

「お前の表情からおおよそ言いたいことの察しはつく…」

「俺たちの仕事は何だ?」

「…借りが出来るたびに躊躇する気か!?」

「過去になにがあろうと 今 目の前で」

「敵として立っていればそれは『敵』だ」

何も言えない才子と、その言葉を黙って聞いている六月。

瓜江(…米林…)

(…俺はもう…)

才子の赫子を支えたまま動けない亜門に、瓜江がクインケを投げつける。

(誰一人)

「遠隔起動」

(失いたくないんだ)

97-9

亜門の体内から、一気に銀喰が飛び出していく。

■かつての”正義”が爆ぜる──…!!

次号、戦局の行方は─…?

 

東京グール:re 98話へ続く!!

 - ネタバレ