東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京喰種:re 60話 ネタバレ「ちの糸」

   

東京喰種:re 60話「ちの糸」 ネタバレ

『(ーなぜ…僕がこんなところに….)』

 

「……..」

「校了作業…引き継げてるかしら」

冒頭は「取調室15」とある部屋にて肩を落としている様子の塩野のところから

 

やがてそこには佐々木の姿も

佐々木「ー塩野さん」

「始めましょうか」

引きつった笑いを浮かべるような塩野「…..あハい…」

 

 

佐々木「ー塩野瞬二 現在36歳独身」

「翔英社の文芸編集部所属の編集者」

「高槻泉の担当編集者…ということで間違いございませんか…」

塩野「…はい…」

 

佐々木「高槻さんのご本名は?」

焦りつつも笑顔でかえすような塩野「あ….」

「高槻先生は本名を公開されておりませんので….」

佐々木「塩野さん」

塩野「…..!」

 

佐々木「ー僕はなにも、彼女のファンだから彼女のことを聞き出そうとしているわけではないんですよ」ガタ

 

「著作はもちろん興味深く拝見してますよ」

とそう言いながら席を立ち 塩野の横に顔をもってくるように距離を詰める佐々木

 

「ー現在、高槻泉には”喰種である”と容疑がかけられています」

「彼女が実際に”喰種”であり…またあなたがそれを知っていた場合、」

「捜査にご協力願えなければ、喰種対策法第119条”喰種の蔵匿、又は隠避”にあたるでしょう」

 

「….ちなみに」

「この罰則での判例で 最高のものは”シ刑”です」

 

佐々木のその言葉にうろたえるようする塩野

佐々木「ー彼女は現在どこにいますか?」

塩野「あ、あひゃい….」

佐々木「いつ戻ってきますか?」

塩野「わ、わかりません… 本当に…」

「フラっとどっかに行ってしまわれるので….」

1

 

ドガァ

塩野「~~~~~!!!」

 

吹っ飛んだ机を顔に汗をにじませつつ眺める塩野「……」

佐々木「……..チッ スミマセン」

 

2

 

「……僕 ちょっと休憩してきますー」

 

へたり込む塩野「(舌打ち?)」

「(さ… 最近の若い子こえぇ~~)」

「(何?何?ー)」

 

やがて 部屋を出た佐々木は誰かに電話をかけはじめた様子

佐々木「ー駄目ですね 塩野さんは情報を吐こうとしません」

*『ーそうですか…』

佐々木「情報がないのかも」

「そちらはどうですか…」

*『いやぁ….』

 

「時間かかりそうですよ 読みかけの本やら付箋やらメモやら、」

「重要そうでそうじゃないものがいろいろあって…ー」

背景には どうやらちょっと雑然とした高槻の部屋を調べている様子の旧多らの姿が

 

「厄介な人物だってことはわかりますが あと掃除嫌い」

 

3

 

佐々木「引き続き部屋の調査をお願いします」

「僕の中では彼女が隻眼の梟と確定している」

 

「生前キジマさんから、旧多さんは書類の整理がお上手だと聞いていましたので」

旧多「…というかそれぐらいしか取り柄がないんですがね(汗)」

また佐々木は取調室の備品の補充もお願いするとつけくわえる

 

旧多「はい、上官 …なにかしたんですか?」

佐々木「”良い警官悪い警官”ですよ」

旧多「? はあ…」

 

佐々木「旧多さんは”良い警官”をお願いします」

旧多「….上官って 能力の高い子供って感じですねえ あ、失礼」

佐々木「ええ 僕はキッズですよ 大人はうさんくさいので嫌いです」

 

 

「(….高槻先生)」

「(逃げられると思わないで下さいねー)」

 

8

 

吉時「ーいよいよアオギリの樹との戦いも終焉に向かいつつある…」

「隻眼の梟からの端を発するものとすれば、実に13年にもおよぶ長い戦いだ…」

場面は特等捜査官会議のところへ メンバーは 吉時・丸手・安浦・灰崎・田中丸・宇井・法寺・什造・佐々木・政の10名の様子

『ー和修吉時/1区 喰種対策局局長』

 

丸手「その戦いの一端に関わるやつがまた欠席ですがね」

『ー丸手樹/1区 数々の難解な局面を指揮し乗り越えてきたベテラン捜査官。和修局長からの信頼も厚い。』

安浦「重要な立ち位置ですのにね」

『ー安浦清子/1区 対策1課課長 女性でありながら1課をまとめる課長として活躍する実力派捜査官。』

『女性捜査官の理想として彼女の名が挙がらないことはない。』

灰崎「S3班は多忙 無理もない」

『ー灰崎深目/23区 対策2課監獄長 コクリアを統べる牢獄のあるじとしてその手腕を発揮する元尋問官。』

『彼の采配により現在のコクリアは過去最大の堅牢さを誇るといわれている。』

田中丸「しかし多忙は無謀につながるものですぞ」キリッ

『ー田中丸望元/2区 対策1課支部長 2区に望元ありといわしめるベテラン特等。支部の名物支局長として』

『捜査と平行して”CCGダンディーコンテスト””区対抗草野球大会”など様々なレクリエーションを自ら企画している。』

宇井「…そのために代理をたてているのでしょう」

『ー宇井郡/3区 対策1課S1班班長』

『有馬貴将の訓えを受け継ぐ”若きホープ” 才能は彼に次ぐものと期待されていたがさきのロゼヴァルト戦にて優秀な捜査官を失った上、』

『月山当主をのがすなど、大きな痛手を負った。』

法寺「….鈴屋くん お菓子」

『ー法寺項介/5区 対策1課支部長』

『クインケ操術では研鑽を積み重ね、師である真戸を凌ぐほどとなった。中国では喰種集団”赤舌連”を討つ立役者となった。』

『昨年度CCGダンディーコンテスト2位(1位は望元)』

ポッキーを食べている什造「」ポキ

『鈴屋什造/13区 ビッグマダム駆逐、13区の完塞達成など数多くの功績をもつ天才捜査官。』

『現在では宇井郡よりも、彼が有馬貴将になり得るという目線が強い。』

(完塞…エリア内の喰種を排除し再び立ち入ることがないようにした状態 日本では数カ所あり、全領域の完塞こそCCGの最終目的である。)

横には佐々木の姿も

『ー佐々木琲世/1区 対策1課S3班書記』

『半喰種として局に身をおくQs班の元指導監官。クインケ操術は有馬貴将を模倣しており高い精度で再現されている。』

『短期間で鈴屋に並ぶほどの活躍を見せ期待の眼差しを向ける局員も増えているが、依然風当たりも強いようだ』

 

「ーその事で確認だがー」

 

政「ー….なぜ 准特等である佐々木が?」

 

佐々木「僕がその有馬特等の代理です 局長からの許可もいただいてます」

政「気色の悪いニヤニヤ笑いをやめろー」

 

4

 

スポンサードリンク

 

『ー和州政/1区 対策Ⅱ課S2班班長』

『ー和州吉時の長男 その冷徹な性質は、祖父の常吉に近いと言われている。

ドイツで数々の功績をのこし、帰国。その後オークション戦での作戦成功、

ロゼヴァルト戦での宇井特等の過失のフォロー等でCCGに大きく貢献している。

彼を時期局長に、との呼び声もあがっているが、反対派も多い模様ー』

田中丸「政特等(ボーイ)目くじらを立てずとも 准特等の出席は前列がないわけでもないでしょう なあボーイ?」

と笑顔で宇井に絡みつつ田中丸はそう口にするも、宇井の表情はあまり気持ちの良いものではない様子

また政の方も そんなものはドイツ局にいたから知らない といった口ぶりをしつつも

佐々木の「ーそれより報告を」との声で 流れはそのまま報告へとうつっていく

 

佐々木「ー…ご存知のとおり アオギリの樹はわれわれの攻撃によって衰勢に向かいつつ有ります」

「この機を逃さず徹底的に奴らの戦力を削ぐ必要がありますー」

 

「ここで重要になるのは次の2点です」

「①”隻眼の王を討つ”」

「②”アオギリの樹の根城を叩く」

 

「この2点を完遂すればアオギリの樹を壊滅に持ち込むことができるでしょうー」

そして どうやら ①については自分の班で目星をつけた対象を捜索中ですと佐々木が続ける

背景には 旧多「カツ丼とか食べてみます?」塩野「いやあ…」といった 若干和やかに見えるようなやり取りが

「ー社会的影響を及ぼしかねない人物ですので 捜査は慎重を期するものとして最小限のチームで行っています」

「こちらは私達にまかせていただければと思います」

 

「ーそして②についてです」

「これは東京湾内の無人島で、大勢のあやしげな集団の目撃報告がありました 現在調査隊を送り、この島周辺を調べている最中です」

「流島(ルしま)という名で、戦時中は首都防衛拠点として要塞化していた島です」

 

7

 

「こちらは主要幹部と構成員らの資料です」

「白スーツの戦力は依然高い水準にあり、隻眼のグール”オウル”も見逃せない存在になっていますー」

背景にはアオギリ幹部らそれぞれの情報が

『タタラ:SS~ 元”赤舌連”首領の血縁者。中国系喰種。』

『エト:S アオギリの樹の幹部。実力はいまだになぞに包まれている。』

『シコラエ:A~ コクリアに収監されていたがアオギリの襲撃により脱獄。』

『墓盗り:A+ 瓶兄弟の義理の妹分。なぜかクインケ操術の心得があるようだ。』

『承正:A+ 白スーツの一員。ジェイソン首領時代のときに、ナキの手で倒され、加入。』

『ホオグロ:A+ 白スーツの一員。承正加入後に承正と引き分け、その後加入した。』

『ナキ:S 13区のジェイソン率いる白スーツ集団の現首領。アオギリ幹部でもある。』

『トルソー:A  アオギリの樹の運転手として雑務を担っているようだ。』

『三枚刃のミザ:S ”刃”の首領として18区を統治していた。瓶兄弟とは対立していた。』

『オウル:SS+ オークション戦で現れた喰種。隻眼であり、嘉納による喰種化実験との関係性が示唆されている。』

『ラビット:SS アオギリの樹の幹部として長く隻眼の王につかえている若き喰種。多くの捜査官が○されている。』

佐々木「ー最優先で駆逐すべきは中国の”赤舌連”の残党・タタラ」

「彼は隻眼の王の次に重要視されている喰種です」

「彼の対処については実地で”赤舌連(チーシャーリエン)”の掃討作戦にあたられていた法寺特等からご教示いただければと思います」

 

視線をおとす法寺「…..(オウル….)」

 

安浦「アオギリの樹の根城がル島であれば、そこが奴らとの最終決戦となり得るでしょうね」

田中丸「ル島か…小さいころ、父と立ち入り禁止を無視して海水浴に興じたものだよ」

 

 

薄っすらと笑う政「ロゼ討伐の最にノロを討てたことは不幸中の幸いだな」

「月山を逃した以上あの作戦の遂行価値はそこに見出すしか出来ないだろう」

いい気持ちではない様子の宇井「…..」

 

吉時「いや」

 

「月山財閥が解体され、人間によるクリーンな組織に再編されたことは充分に価値があることだろう」

「あの作戦全体に確かに価値があったと私は思う」

政「局長はノロの撃破には意味がないと?個体値の高いものの排斥は有効な策だと思いますが」

 

吉時「ー恣意的に作戦の価値を断定するのはいかがと思ってね」

「特等」

政「…….」

5

灰崎「ル島の調査はどの班が?」

佐々木「ええ」

 

「鉢川班です」

 

鉢川「ーどんぶら~とくらァ」

「….ケッ ここが奴らの寝床だとしたら相当磯臭くなってやがるぜ連中ー」

場面は どうやら夜の闇に乗じて小舟で島へと上陸したところの鉢川らの様子へ

『鉢川忠/准特等 鉢川班班長』

「あゆむ 俺のケース濡らすなよ 湿気てダメになる」

穂木「」コクリ

『穂木」あゆむ/上等捜査官 鉢川班副班長』

 

鉢川「よし…全員上陸したな」

「俺らのシゴトはくそ野郎(あおぎり)どもがおねんねしてる姿を確認することだ」

「寝床の確認がとれたらとっととズラかる」

 

「しっかり頼むぜ ……鼻がキクんだろ?」

 

「眼帯くんよォ」

 

六月「……目ですよ」

『六月透/一等捜査官 鉢川班 Qs』

6

 

鉢川「どっちも一緒よ」

 

直後には なにやら屋外にてひとり佇む冴木の姿が

冴木「……..」

『ートオル』

次回、東京喰種;re61へ

 - ネタバレ