東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京喰種:re 59話 ネタバレ「伏せ!」

   

東京喰種:re 59話「伏せ!」 ネタバレ

ザッザッ

瓜江「」ヒクッ

冒頭はシャトーの一室にてまた油絵?を描いている様子の瓜江の描写から

マスクをつける?瓜江「……」

ー11月

グール?「がはっ!」

「ぎゅあ!」

 

『ーロゼヴァルト討伐から半年が経ち、CCGはアオギリの樹の討伐に全勢力を向けていたー』

 

黒髪「ー米林さんしっかり…」

息切れしている才子「はっはひっ むひい!昨日の牛丼が確実に効いてる…!!ー」

『瓜江Qs班は 新たな面々を加え、作戦に望んでいたー』

1

場面はどうやら作戦中、喰種を走って追跡?している様子の瓜江たちへ

女「2体駆逐」

横分け「甘いなジニー 俺は3体!」

先頭を走る瓜江「安浦っ後方匂うぞ!!」

2

ザッ

 

とその時後ろからは四体のグールがこちらへと向かう

安浦(黒髪)「…!!はい、瓜江さん!アオギリの増援が….!」

瓜江「米林ッッ!」

才子「ほいやっさ!」

3

「わっしょい!!!!ー」

 

一瞬の間にグール達全員を始末してしまう才子

 

横分け「さすが才子さん先輩!」

才子「パイセンの背中を見てデカくなれよ ヒゲちゃん」

4

安浦「…..!」

「瓜江さん!」

また次の瞬間には上から仕掛けてくるグールたちの姿も

クインケを構える瓜江「ああ(わかってんだよ)」

 

…チャキ

「….餌だ」

5

そして瞬時にそのクインケはノロの赫子のような攻撃によりグール達を殲滅してしまう

クインケ:銀喰(ぎんくい)(尾赫Rate:SS)

 

女「銀喰…. イイナ」ボソ

安浦「…..」

横分け「憧れ….瓜江班長… 最高にカッコいいぜ….!」

6

その後 やがて瓜江らの任務を終え帰っていく描写が

『ーCCGの猛攻撃もあって、アオギリの樹はその規模を縮小し始めていた』

『奴らの首領である隻眼の王を見つけ出し、さつがいすることこそが、現在のCCGにとって最重要事項であった』

 

瓜江「….安浦」

「お前は報告会に参加しろ シャオはレポートを」

安浦「はい」

シャオ(女)「は」

横分け「俺はどうすればいいんだ!?班長!」

瓜江「髯丸(ひげまる)は米林の肩でも揉んで差し上げろ」

才子「差し上げろ」

髯丸(横分け)「差し上げましょう!」

政「ー順調だな」

瓜江「23区内の奴らの潜伏エリアの大部分は潰すことができましたー」

場面はどうやらS2班班長の政の元での報告会のところへ

瓜江の横には什造・武臣 後ろには半兵衛と安浦の姿も

「ーじきに奴らは区内から撤退し、本拠地へ踵を返すことでしょう」

政「….S2に優秀な者がそろっていて助かる」

 

「ーS1の宇井は先のロゼ戦で伊丙らを失うという手痛い損失を負った」

「我々S2がその穴埋めをせねばならん 報告ご苦労奴らを徹底的に追い詰めろー」

 

そうして 解散し皆が部屋を出ていこうという所で 瓜江一等お前は残れ ということで瓜江は安浦に先にシャトーに戻るように指示 部屋なかでは政との一対一に

 

政「…CCGはここ数年で遥かに力を増した その立役者が”S3班の功績”という声は大きい」

瓜江「S3班を率いているのは有馬特等ですね」

政「ああ そうだ」

背を向けたまま続ける政

「…確かにS2の働きはS3には及んでいない しかしS2がS3並の仕事をすれば、私がS3の班長に抜擢される事も十分に有り得る」

「そうなればS3の編成は私の一声で決まる」

「その場合、 ”現在S2にいる優秀な者”を」

「”s3に引き上げる”ことも視野に入れている….」

 

振り返る政

「ー問おう」

「S2でもっとも忠実な部下はだれだ?」

 

瓜江「…..(ふん)特等」

 

「….私は特等がS2班に我々Qsを引き入れて下さってから、最大限恩義にお応えしようと務めてきました」

 

深く頭を下げたまま瓜江が続ける

「犬のように、”這え”と言われれば這い、”吠えろ”と言われればそうしましょう」

 

薄く笑うかのような政「……….いい返事だ」スコリ…

 

瓜江「(….コイツについていけば自動的にS3までエスカレーターだ)」

「(政の最終的な目的は局長の座だろう コイツが班長を辞任すれば、晴れて俺がS3の班長….)」

 

政「今度会食があるお前もこい」

瓜江「は….(つまらなそうですが)」

と その時ふと政の机の上の写真たての写真に目がいく瓜江

そこにはややにこやかな政?と寄り添って写る女性の姿?が

 

「…….(…家族か)」

 

 

瓜江「ーどうした安浦 帰ったんじゃなかったのか?(帰れよ)」

安浦「あ…..っ」

やがて瓜江がS2班長室の扉をでるとそこには安浦の姿が またやはり?緊張・おどおどしていかの様子

「車が….」

「瓜江さんが鍵を持ってたので….」

 

ジト目をするかのような瓜江「….」

 

「(愚図は)歩いて帰れ」

「俺はまだ寄るところがある」

スポンサードリンク

瓜江「ー…..ヤツはどうしてる?」

*「変わらずですよ 心を開いていない捜査官に対しては一切口をつぐみます」

「准特等が以前差し入れていた本を繰り返し読んでいるようです」

瓜江「…その准特等は?」

*「ええ 彼も相変わらず、ー」

 

「彼女のもとへは足を運んでいません

場面はどうやら瓜江がひとりコクリアのヒナミのもとを訪れているところへ

 

瓜江「ー笛口」

と部屋の中でうずくまかのようにしていたヒナミはその近づく人影に一瞬やや暗かった表情を明るくし顔をあげる様子を見せるも

瓜江の姿が確認できるとすぐに表情をもとのようにしてしまう

瓜江「….調書の確認を手伝ってもらう」

「(…露骨な)

 

瓜江「….ここひと月で駆逐・捕獲したアオギリの構成員だ レートはAからSのものをリストアップしてある」

「….どうだ?」

ヒナミ「2番と..5番の方は存じませんー」

とヒナミのその言葉に 新規参入者、やはり王を討たねば組織の拡大は止まらないのかと心のなかで呟く瓜江

瓜江「ーこの中に役職の高いグールはいるか」

ヒナミ「いいえ」

 

瓜江「(….またボウズか)」

 

「….協力に感謝する」

そして瓜江は席をたちその場をあとにしようとしていく

 

ヒナミ「….!」

「あっ、あの…瓜江さん」

瓜江「? なんだ」

 

ヒナミ「あのー」

瓜江「准特等はご多忙だ」

8

「”引き続き”君が会いたがっていた様子を伝えておこう」

「これまで通り”俺に協力してくれれば”な」

ヒナミ「ー」

 

カツカツ…

立ち去っていく瓜江「ー(本気で佐々木が自分を特別扱いしてくれると思っているのか…フエグチは)」

「(だとしたら哀れだな 少なくとも”今のヤツ”はそんな温情を見せはしないだろう)」

 

「(….それにしても)」

「(さすがに気分が悪いものだな….)」

 

「(”廃棄が決定した喰種”と対話するのは…)」

 

 

*「…..うう….冷えてきたなあ…」

「高槻先生まだかよー」

場面はどうやら寒空の下 どこかで見たことがあるような男がタワーマンションの入口でひとり佇んでいるようなところへ

とそこへ近づく者が二人

「いましたいました」

「ですねぇ」

 

「ー塩野さんですか」

 

佐々木「CCGです」

「高槻先生はいらっしゃいますか?」ニコッ

7

 

やや驚くような塩野「….しーしーじー?」

 

次回、東京喰種;re 60に続く

 - ネタバレ