東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京喰種:re 55話 ネタバレ 「Alice&」シラズ・・・&カネキVSエト

   

東京喰種:re 55話「Alice&」 ネタバレ

?年前 24区通路にてー

芳村「….ノロイ」

ノロイ「巧善….」

「この子か….」

1

冒頭はどうやらかつての24区通路でノロイ呼ぶ男と会っている芳村のところから

またノロイの後ろには同じような格好の者が少なくとも一人は控えている様子

 

ノロイ「….名は?」

巧善「…..エトだ」

 

巧善の腕に抱かれているのはまだ赤子のころのエト

 

「ー多くの愛が、この子を支えてくれますように、と」

 

ノロイ「…..こんちには」

 

「エト」

「よろしくなー」

その言葉を背景によこに転がるのはノロの仮面 そして半ば骸骨かのようになってしまっている頭部

 

その仮の下のノロの顔が晒された描写のところから

場面は決着直後のクインクスたちの方へと

立ち上がる事ができた様子の武臣はひとりそのノロの顔を見やったあと、「大丈夫か…六月…」とまだ顔色が優れない様子の六月に声をかける

六月「う、うん…」

「それより倉元さんを…俺は…治る….」

「…..」

 

そしてそういう六月の視線の先には

「不知ッ!!」 「シラギン….!」

と倒れている不知に声をかける瓜江達の姿が

 

傷が相当に深い様子の不知「カカ….」

「デカイのもらっちまった…な….」

「大丈夫….治るだろ… 俺ら… クインクスだし…..」ゼェ… ゼェ..

「瓜江…」

 

明らかにダメージが大きい様子の不知 その宙を眺める目は半ば虚ろなようにも

瓜江「(ー傷が深すぎる… 本当に..治るのか..??)」

 

「いいッ..喋るな…!」

「(いや治れ… 治ってくれッ!!)」

 

 

「(ー大丈夫… 再生ははじまっている…)」

背景では瓜江がいうようにうっすらとではあるが緩やかに再生が始めっているかのような描写が

 

不知「ーサッサンは…」

 

「サッサンに会いたい… ハァ..ハァ..」

「理由はねえけど.. とにかく会いたいんだ…いま…..」

瓜江「…. 佐々木上等ならすぐに来る… 落ち着いて空気を吸え..」

 

「俺達の再生力ならこんな怪我どうってことない」

「適切な処置と十分な休養さえとれば必ず回復する…」

「帰って半月も休めばきっと…」

か細い声の才子「シラギン… 早く病院いこう…」

 

不知「俺…」

 

「このまましんじまったらどうしよう…」

瓜江「馬鹿なこというな…」

 

「(しかしこのしっけつ量…損傷も酷…いやっ)」

「..お前は.. 大丈夫だ….」

「だからッ…! (クソッ!!!)」

「(医療班まだかよッッ!!!ー)」

 

 

瓜江の腕の中の不知「ハル…..」

瓜江「…!」

「妹… か?」

涙でぐしゃぐしゃの顔の才子「しらぎん~….」

瓜江「そうだ….!妹がお前を待っている…」

「気をしっかりもて…」

不知「瓜江… 才子….」

2

「ーなんでなんにも言ってくれねえんだ…..?」

 

表情を変える瓜江「………..」

「….不知?」

 

寒さを感じ始めたのか歯をガタガタと鳴らし始める不知「みんな….どこにいるんだ…?」ガチガチ..

「なにか話してくれ…なにも… だれか」

瓜江「不知… 不知ッ!!」

 

不知「だれかいないのか ここにはなにも…」

「すごく静かだ.. ああ」

「俺は…  なくなっちまうのか…」

「怖いっ 手、握ってくれ..」

「こわいっ!」

 

瓜江「大丈夫だここにいるぞ!!」

「米林も…俺も…」

才子「シラギンッ….」

不知「こわい! こわい….」

「ハル…」

「アイツは…」

「俺がいないと…」

 

「ハルをしなせてやってくれ」

 

瓜江「なにを言う…..!」

不知「ラクに…….  ….」

 

瓜江「不知… 妹のためにお前は金を稼ぐんだろう?」

「こんなとこでくたばってどうする!?」

「SSレートを討伐したんだ.. 作戦が終わればかなりの報奨がが望めるぞ!」

 

「1000…いや2000は下らない!」

 

表情を変える瓜江「お前の…お前の功績だ不知!」

「お前の…!(…)」

 

3

 

 

4

 

「…….不知?」

動かない不知

 

 

「…………..しー」

 

 

5

 

「しんでんじゃねええええええッッッッッ!!!!!!!!!」

 

才子「う… ああうう~」

「あああ~ しらぎんんんんん…….」

六月「え….?え……?」

 

6

 

才子「うああああああああッッ……」

武臣「……..」

才子「いやだあああいやだあああああああ…..いやだあああ……..ー」

 

*「ー殉職者の回収を…」

*「すごい….状況だな….」

*「ああ…」

それからしばらくがたったのかようやく現場周辺にはその他の捜査官たちも駆けつけあの傷ついていた伊東等も担架の上へとのせられている

*「ー伊東上等…..?」

伊東「…..ー」

返事を返さない伊東 その視線は倒れ、シートかけられた道端らの殉職者達に注がれているようにも

 

*「ー! 和州特等…?一体何故前線に…」

その時現場には新たに数人の部下を引き連れた政が姿を現す

 

政「ーここに」

「戦えるやつは残っているか」

 

7

 

「”隻眼”が出た 人員が必要だ」

「黒磐武臣 それと….」

「瓜江久生 戦えるか」

 

まだ肩を落とすかのように、才子とともに不知に寄り添っている瓜江の背中にそう声をかける政

 

瓜江「…….なんとも思われないのですか」

小さくかえす瓜江

 

政「ーなにがだ」

 

瓜江「この状況を目にされて、」

「特等はなにも感じないのですか」

 

 

8

 

表情を変えない政「ーああ 」ムラ…

 

そう直ぐ様返事を返したかと思うと政は瓜江に背を向ける

「….貴様なら付いてくるかと思ったが、」

「…まあいい」

 

「….」

「お前には 見込みがあると思ったのだがな」

瓜江「……」

互いに背を向けたままそう伝えたかと思うと 直ぐ様歩き出す政

 

スポンサードリンク

 

ドガカガガ

佐々木「ー君はなにしに?」

「妨害?」

「破壊? ….暇つぶし?」

場面は激しい戦闘を続けている様子の佐々木とエトのところへ

佐々木はそのエトの羽赫による猛攻?をかわし続けているのか、比較的距離をとったまま非常に素早く軽い身のこなしを見せ続けている

エト「最後者かしら」

「間近で見たいもの 月山とカナエと捜査官のあなた!」

「だれがどう○しあうのかとっても興味深い」

佐々木「…….」

 

佐々木「店長… きみの父親…」

エト「…..」

佐々木「巧善に言われたんだ…」

「きみを ”救って欲しい”って….」

背景にはあんていくの店先 そして芳村の横顔が

 

エト「げはははははははは!!」

「救われてるよとても!」

「ーカネキケン」

「やさしいのね あなた!」

「お情けをくれるというのかしら?」

佐々木「うんー 」トン..

 

 

9

 

ザン

「!!!!」

瞬時に距離を詰めた佐々木の攻撃により鋭く上半分が切断されてしまう?梟の頭部

 

佐々木「…..はずした」

エト「…….ガキ」

 

10

 

佐々木「…..逆に聞きたいんだけど、」

 

11

 

「なんで僕がお前みたいなゴミ救わないといけないんだ?」

 

次回、東京喰種:re 56に続く。

 - ネタバレ