東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京喰種:re 48話 ネタバレ 「N.T.」松前がハイルを撃破!?

   

東京喰種:re 48話「N.T.」 ネタバレ

戦闘中の宇井『ー佐々木上等!屋上の様子は!?』

1

『….ー佐々木!ー』

場面は戦闘を続ける宇井が屋上で月山とみあう佐々木を呼ぶところから

 

佐々木『ま….』

『まだ”彼”は確認出来ていません…』

月山「….!」

驚く月山 そして宇井からは佐々木はそのままそこで待機しろとの指示がとぶ

まだ少し驚いているような表情をみせる佐々木「…..あなた…月山だったんですね..」

月山「上司への虚偽報告」

「….情けのつもりかい」

 

佐々木「あなたには駆逐命令が出ている」

「立場上、僕は君と戦わなければならない でも…その前に話したいんです」

うっすらと笑みを浮かべるような月山「…..君は…何を聞きたいのかな」

「君のことを話せとでもいうのかい?僕を○す前に?」

が 佐々木は月山に投降をしてくださいという そうすれば自分がCCGへと月山の所有権を提言できるのだと

 

月山「”投降”だと?」

ジャ

 

ドゴォ

蹴りをもらう佐々木「か ッ」

次の瞬間 月山の鋭い蹴りが佐々木の腹部を直撃し 勢いよく吹き飛ばしていく

 

月山「投稿などしない」

2

「父が…使用人の皆が 僕を生かすためにその命を賭した….もはやこの身は僕だけのものではない」

 

「投稿しコクリアでのうのうと処分の日を待てと?」

「…僕は 僕が生きるために戦う」

 

「ミスター佐々木….」

 

「君のことなど知らない」

3

下口「(ー新手…奴も月山の….?)」

そして場面は戦闘開始直後の下口達のところへ

「(どんな野郎かしらないが…)」

「俺っ」

4

「~~~~~~~~~~~!!!!」

走りだそうとしたその瞬間下口は瞬時に左肩から先と右手の指を叶により斬り飛ばされてしまう

膝をつく下口「あううううッ!!!!」

駆け寄る戸賀・里見「下口上等!!」

叶「ghghghghghghghgh」

下口「馬鹿野郎行けッ(熱い熱い熱い熱いッッこ….熱い!!)」

戸賀・里見「しかし…..え、援護を….!!」

 

更には自らの右手の指が失われていることに気がつく下口「!!(畜生…!!)」

「行けっッってんだろが!!!!シニてぇのか馬鹿女ども!!」

 

「ったく…お前らもつくづくツイて..ないよな…」

「元班長の茨橋はオークション戦で殉職…俺の班に所属した結果はこのザマだ」

「(クソ…右手は痛ェのに左腕はまったく感覚がねえ…)」

 

そして下口そのまま 激痛に耐えるように体を震わせ、 背を向けたままで話を続ける

下口「…この際だから言ってやる」

「(茨橋が生きてりゃこいつらは….)

「俺はお前らが嫌いだ」

 

戸賀・里見「……..」

下口「じゃまくせえんだよ 役立たずが とっとち行っちまえ」

 

戸賀・里見「我々は」

下口「!!」

 

その瞬間前方から迫り来る赫子の前へと飛び出していく二人

戸賀・里見「ー結構好きでしたよ 下口上等」

5

下口「ーッッッ!!」

 

「馬鹿野郎….ー」

 

 

『”ノブ!こっちこっち”』

『ー声を聴いた。』

『小学生のときに、少し仲が良かったやつだ。出川、だったっけ。こんな奴居たな。すっかり忘れていた。…何で遊ばなくなったんだっけ。』

『俺は、校庭を走っている。ボールを追っている。山川が俺を呼ぶ。パス。 俺は笑っている。』

『俺は昔から暗くて 性格の悪い不細工だった。….なんで遊ばなくなったんだっけ。』

 

『ー口角を上げて笑うようになったのは、いつからだろう。 こう笑うと、不細工な顔面が、一層醜く歪むのを、俺は知っている。』

『”誰か良い人いないの。” ダンゴ虫みたいに丸くなった背中で、母ちゃんは、そう言っていた。』

 

『無理なんだよ。俺は性格の悪い不細工なんだから。 思い出すような友達もほとんどいないようなさびしい奴だから。』

 

『(俺がいなくなったら、母ちゃんはどうするんだろう)』

 

『俺はボールを追っている。俺は笑っている。』

 

叶「薔薇よ……。」

6

叶の手の上には下口の頭部?が

「(美しいー!!!!)」

 

「シウサマにおみせせべば」

そしてそして壁にはりつき?のそのそと屋上へと上がっていく

また下口班等の連絡が途絶し新手が出現したことはCCGの方も察知してきている様子

「シウサマ…カナエと帰りましょう…カナエと…」

スポンサードリンク

走る宇井達「(ー新手….?)」

「(まだ生き残りがいたのか…? しかし最優先は”彼”の駆逐….)」

そして宇井からはQs班と伊東班へは下の援護へとの指示が

瓜江「(ー新手…?どこから…フロアチェックに漏れがあったとは思えないが…)」

伊東班「伊東上等!!」

倉元「ああ」

「どうも やなかんじだね 気を引き締めていこう」

 

「オオ!!ー」

 

バキキ

旧多「ーうわっ…また….!」

伊丙「来ますよ~」

場面はどうやら分離壁?を目の前にする伊丙たちへ その広範囲な赫子の攻撃に周囲の者達も散っていくなか伊丙がひとり鋭く間合いを詰めていく

伊丙「そ~~~」

 

「りゃ」ザン

 

宙へと飛び上がり勢いよく分離壁を切り裂く伊丙

そのすぐ向こうには赫子をあらわにした松前の姿が

伊丙「ー今日はやる気ですね」

松前「無論」

7

伊丙「うふふふ 素敵な赫子です」

 

「ーもらうのが楽しみ」

ガギギギギギギギ

直ぐ様 激しい戦闘へと突入する二人

松前(攻撃がまったく通らない….やはり…強い….)」

戦闘しながらその様子をうかがうキジマ「ホホ ハイル嬢が押されるとは」

『ー松前 』

『素晴らしい腕前ですね 若年の執事の中では一番では』

場面はどうやらまだまだ執事になりたての頃?執事長のような者らと一緒に戦闘訓練を終えたところの様子の松前のところへ

ユウマ?「痛ぅ~」

「手加減してよ松前ー」

長「ユウマは訓練不足ですねー」

 

と そこへ松前へと声をかける観母の姿が

観母「松前くん 私がお相手しようー」

 

「ー…..松前くん」

 

「何故負けたと?」

 

8

平然と立つ観母の前には激しく息をきらしながら倒れる松前

松前「…観母さまの剣は….私の盾では防げません…ハァ..ハァ…」

観母「本気でやれば防げるさー」

 

「…技術ももちろんだが、もっとも重要なものは剣と盾の先 その”想い”」

 

『”想い”こそが君を強くするのだよ』

 

ガィン

伊丙「!!」

 

その時大きく踏み込むようにして出している松前の盾が伊丙の攻撃を強く弾き返す

 

やや後方へ体勢を崩される伊丙「それいいなあ(盾で….)」

ズル

「あ」

「(チ)」

床のチで足元を滑らせ体勢を崩す伊丙

振りかぶる松前

 

松前「(貫けェェェェ!!!!)」

 

松前の足が強く踏み込む

9

伊丙「か」

 

 

場面は走る倉元達へ

倉元「ー止まろっか」

不知「….!」

 

「ー伊東班Qs班戦闘配置ー」

 

立ち止まったみなの目の前にはノロの姿が

 

 - ネタバレ