東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京喰種:re 36話 ネタバレ 「ふと」伊丙ハイル強し トーカの親友依子が登場!

   

過去のネタバレ記事はこちら

東京喰種:re 36話「ふと」 ネタバレ

佐々木「平子さんが異動…?」

倉元「俺が班長引き継ぎでさ 今は”平子班”じゃなくて”伊藤班”なんだー」

冒頭は倉元と二人してどこかへ飲みに来ている様子の佐々木のところから

平子の異動については前々から引き抜きの話はきていたようだがもしかすると自分の昇進もそのきっかけのひとつかもとつづける倉元

倉元「ーあの人俺が育つの待っててくれたのかな… とかな!班長ってガラでもないんだけどなあ 俺 ハハ」

また もうそこそこ顔があかくなっている倉元へと佐々木は平子の異動先を尋ねる

 

「ー有馬班」

 

佐々木「えっ」

曰く 宇井さんがS1のボスに昇格してS3を抜けたため有馬班のサポートが必要なのでは とつ付け加える倉元 今まではその宇井が有馬の補佐だったのだが 他に有馬さんについていけんのはタケさんぐらいだろ だという

倉元「ータケさんと有馬さんのタッグなんて何年ぶりだよ、って話で 局内は結構盛り上がってるみたいだけど 俺は正直気が重いや」

「ロゼの案件もうまく回せっかわかんねーしなー ってなんか愚痴っぽいなー今日の俺 悪いハイセ」

佐々木「いえいえ」

と いいつつ更にグラスをかたむける倉元

佐々木はそんな倉元の顔を見ながら 不安なのかな..僕も出来れるだけサポートしたいな..とおもいをめぐらせている様子

 

佐々木「(”ロゼ”ーか…)」

場面はあれからシャトーへと戻ったのか ひとり自室で思案中の佐々木へ

「(宇井さんのS1班は優秀な人ばかりだ ベテランの富良さんもいるし …S1の方々のノウハウがあれば出現区域のアタリも付けられそうなんだけど…)」

「(…んで、キジマ准特等と富良上等が合同捜査か …なんか先越されそうな気がする ハイルもいるし というか既に動き出してるかも…)」

メガネをかける佐々木「(また視力落ちた気がする…)」

 

「(僕らに出来る捜査…Qsの特性を活かしてなにか出来ないか…」

と そこで近くに置いてあったあのマスクに目がとまる

「(….”マスク”かー)」

 

ウタ「ーどうも…」

そして場面はあの佐々木がウタの店に入った直後へと

壁にかかったマスクに目がいく佐々木「(…謎 鬼? 謎その2 黄色い悪魔 …なんだろ?)」

「(すごいな…)」

と そのどこかで見たことがあるようなないようなマスクを眺め回している佐々木へとウタは何かお探しですか?と声をかける

佐々木「ーえっとこれの事で…」

「ウチに届いていたんですけど このお店から送られたものですよね」

佐々木の手にはカネキのあのマスク

がウタは確かに僕が送ったけど…おかしいな と言いつつやはり知らぬ存ぜぬといった表情をうかべる

 

ウタ「ー住所間違えたかなあ…」

「常連さんにプレゼントのつもりだったんですけど、すみません」

佐々木「ああそうでしたか….」

「ちなみに…この本も一緒に送りましたか?」

ウタ「…うん、いいえ違います」

続いて佐々木が取り出したのは高槻泉のあの本 がウタはここでも知らぬ存ぜぬといった様子で言葉をかえす

 

佐々木「(…本の差出人は不明か…)」

「..失礼しました」

 

「ところですみませんその眼… 凄く気になるんですか..(汗)」

 

ウタ「ああ」

「これ、タトゥーです」

「白目に駐車して墨を入れるんです 数年で落ちちゃうんですけど」

佐々木「へ… へぇー(痛そう…)」

1

「(”タトゥー”….か….)」

 

そしてそういったやりとりの後ウタへとあのマスクを返そうとする佐々木 だったが こうやって出会えたのも縁があっての事ですし とのウタの言葉によりそのままいただく事に

佐々木「…..」

「あの…」

ウタ「はい」

佐々木「マスクをオーダーメイドすることって出来ますか?」

ウタ「….」

「ええ」

2

キジマ「ーさてさて、」

「こうしてロゼの一体が確保出来たわけだが…どう詰問したものか」

場面はどうやらロゼの一体を捕まえた後にそのまま順調にコクリアへと連れて帰ってきた様子のキジマ達へ

キジマの前には拘束された男のグール?が一人 そして部屋の外?には富良や伊丙の姿も

ほっぺをふくらませる伊丙「…なんで所有権私じゃなくキジマさんなんですか 私の功績くさいのに」むすす

富良「….悪態つくなハイル」

「(…確かにお前は優秀だよ 怖いほどになー」

 

松前「ー(…”壁”を壊すか… いいクインケですね)

「(お手並みを拝見しましょう)」

場面はあの松前の赫子の壁を伊丙が破壊した直後のところへ

3

ヒュオンヒュンヒュン

ザンザンザンザン

赫子を伊丙へめがけ鋭く放っていく松前 しかし伊丙はそれをやすやすと迎撃 はじから斬り裂いていく

松前「…大した曲芸だわ」

「(それなら…)」バキィ

伊丙「わーっまたかい」

再び伊丙の前進を阻むかのように通路に張り巡らされる赫子の壁  が 今度は間髪入れずの隙間を通って他の2体のグールの赫子が襲いかかる

伊丙「おわ モグラとおんなじですね」

その攻撃は 一部後方のキジマや旧田たちの方へともおよぶも 三人はそれをさっと回避する

富良「(ロゼ… 見事な連携だ…)」

 

そして 手先 温まってきました と笑顔でいう伊丙はどうやらここからまた一段ギアをあげるといったようす

伊丙「ーでは」

 

松前「(凌ぐか すごい動体視力と反射速度ね)」

「(この子一体…)」

松前「!!」

4

「(この距離でもかわすか…!!)」

「!?」

パスン

5

かなりの至近距離での攻撃的をかわし そのまま松前へと一撃を見舞う伊丙 さらにはとどめ一撃 といわんばかりに体勢を崩した伊丙をめがけ再び得物を振りかぶる

 

松前「(…!!)」

「(疾….!!)」

笑みをうかべる伊丙「速いしょや」

 

チュン

伊丙が繰り出した一撃 が それから松前を助けるかのように横から飛び出し前へとでてくる一体のグール

庇ったグール「室長…ッッ」

「!?」

松前「ユウマ!!」

しかし 次の瞬間そのユウマはキジマが放った捕縛用クインケ (尾赫)テトロにより動きを封じられてしまう

 

キジマ「…注意をひきつけてくれてありがとう 伊丙上等」

思わずキジマの方をむいて立ち止まる伊丙「え~ どういたしまして??」

その一瞬の隙を逃さず伊丙の背後をぬけて一目散に逃走する松前達

伊丙「あ~ー」

 

といった流れだったようで 場面は再びコクリアへと戻り 実質ロゼの一体を確保したのは准特等の功績だといってのける富良

富良「ースキをつかれて逃走されたのも事実だろう」

伊丙「せっかく有馬さんに褒めてもらえると思ったのに… というか准特等ってズルい人多くないですか?鉢川さんとか」

富良「やめなさいー」

また富良が 有馬(アイツ)ほめたりすんのかと尋ねるも そこは伊丙曰く全然 だから郡先輩やハイセよりも褒めてもらえるように頑張るのだという

6

富良「佐々木は呼び捨てなんだな…」

伊丙「え?だってこの間まで階級下でしたし」

富良「俺も階級抜かれたら呼び捨てか」

伊丙「どっちがいいですかね」

とそうこうしていると あとは私がやるのでおまかせ下さい と 一旦部屋から出ててきてそう告げて またすぐに戻っていくキジマが

どうやらここからは”私のやり方”でやるとのこと

 

伊丙「”私のやり方”?」

富良「ー削ぎ師キジマ」

「…あいつの異名だよ コクリアの尋問官もやってたからな准特等は…」

 

伊丙「自分が削がれてません?鼻とか口とか」

富良「まあ… そうだな」

スポンサードリンク

そしてキジマは再びあの捕まっているユウマの前へ

キジマ「…君の組織への忠誠を感じるよ ロゼ」

「おそらくいくら尋問を繰り返しても口を割ることはないだろう…」

「私にはわかる そこでだが、」

「君の仲間へ贈り物をしたいと思う」

「君は、”どこ”が良いと思う?」

7

松前「…申し訳御座いません観母さま」

「…私の不手際でこのような…」

場面はどうやら無事に?屋敷へと戻ってきたところであるもまだベッドの中でみなに心配をされている様子の松前のところへ

観母「いい 松前くん…よく戻ってきた」

 

アリザ「ユ… ユウマさんは…」

松前「アリザ….」

「…すまない….」

アリザ「……!!」

その言葉に顔を手で覆うかのようにして走って部屋を飛び出してしまうアリザ

 

叶「(ホリの言うように…CCGは我々の動向に注視している…これからの”収穫”は困難を極めるだろう…

しかしこのままでは… 習さまは…)」

やがてまだひとり松前のベッドにつきっきりの叶と 二人の会話がはじまる

叶「….痛むか?」

松前「大丈夫 少し休めば平気よ」

「あなたはあなたの仕事をなさい」

そうしてただの戯言だと思って聞き流してくれていい といいつつあの話をきりだしていく叶

叶「ーもし..もしもだ」

「習さまと… 月山家 どちらかを選べと言われたら….」

「お前ならどうする?」

 

松前「….カナエ」

 

「あなたの主は誰なの?」

 

叶「….!!」ガタッ

立ち上がる叶

 

またそこからどうやら庭園へと向かい?またひとり薔薇をその手へととっている様子

叶「(ー我が主は….月山家 ….そして習様」

 

「(どちらかを選ぶなどどいうのがそもそもナンセンス ”月山家の従者として習さまをお救いする”それこそが我が望み…」

「(しかし月山家も動きにくくなったこの現状…それは…)」

「………」

「…話を聞くだけだ 小ねずみー」

薔薇を手にしながら そうつぶやく叶

 

武臣「ー佐々木上等は?」

不知「今日は”講義”だって」

「ただでさえロゼの捜査で頭抱えてんのに良くもまあ面倒事を引き受けるよな」

場面はどうやらオフのような格好でまちなかを歩いている不知や武臣達へ

ちなみに瓜江については一人でジムへ 六月についてはオークションの件の摺り合わせのために鈴屋班のところへといっているという

不知「ブジンのとこもあんま進展ねえんだろ」

武臣「ああ伊藤上等も考えこんでらっしゃる」

涙目の才子「班長~腹ペコなり がしする」

不知「してみろ」

才子「あそこにおいしいパン屋があると聞いた いってみんか」

不知「あ~?一応聞きこみ調査中だけど…」

と まあ小腹もすいたし ということでそのまま武臣も一緒にパン屋の扉をくぐる三人

 

才子「むはああ~!!いい匂いじゃ~!」

そして早速店内にならぶパンを選んでいるとそこへよってくる一人の店員

*「あれ…えっ…」

「…黒磐くん?」

「..だよね」

8

不知「…ブジン知り合いか?」

武臣「…小阪」

自分もまた依子の事に気がつく武臣

 

 - ネタバレ