東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京喰種:re 30話 ネタバレ 「凍る」

   

過去のネタバレ記事はこちら

東京喰種:re 30話 「凍る」ネタバレ

ナキ「アヤト…数やべぇぞ..!ハトどもがみんなこっちに!!」

アヤト「わかってる!!急がないと..奴らが…」

ミザ「(ーアヤト..マダムを切り捨てたお前の判断..組織的にはアウトだがー)」

冒頭は疲労の色や焦りを浮かべながらも状況把握や指示へとその場の空気が加速しているアオギリたちから

あの屋上にはミザ(ナキとアヤトはまだ現場?)がヒナミの代わりにおり 全体へと指揮をとっている様子

グール「ミザ姐さん!更に増員が…!」

ミザ「アヤトとナキを全力サポートしろ!」

グール「地下は..ッ」

ミザ「兵を散らすなよ!他はもう機能してない..!」

全体に指揮をとばすミザはどうやらもう施設東側においてはピエロにまかせて全て退避させるといった模様

「..あとはもう消耗戦だ.. ったく..」

「(ー私はその選択 嫌いじゃない…)」

 

「(面倒押し付けやがって フエグチ…)」

「(まぁ、あっちも面倒か…)」

 

滝澤「..な~んで邪魔するのかしら? お仲間のヒナちゃんが…」

ヒナミ「..彼にはまだ利用価値がある筈です それよりもエントランスに戻ってラビットたちの援護を…」

場面は佐々木の窮地にかけつけ自らの赫子を使ってそれを確保したヒナミのところへ

跳び上がる滝澤「それは」

「お兄さんが決めますー」

あの赫子での激しい遠距離攻撃を繰り出していく滝澤

 

それをヒナミの赫子が激しくも巧みに防いでいく

1

滝澤「ちゃんヒナこそ現場戻れよおほほほほ!!」

「ゴミは俺が責任持って喰べさせていただきます!」

 

ヒナミ「(お兄ちゃん…)」

『ーこれは”はくひょう”って読むんだよ』

『でも他に”うすらい”って読み方もあるんだ こっちの方が綺麗じゃない?』

間に入るのは かつて笑顔で読み方を教えてくれたあの時のカネキ そしてそれに笑顔でこたえていたヒナミの描写

ヒナミ「(”言葉”を綺麗というあなたの感覚が 私にはとても新鮮だった)」

「(…だれか、教えて)」

「(本当に この人はただの”器”?)」

そう自分の中でつぶやきながらヒナミは赫子を激しくふるっていく

「(…たとえカラッポでも わたしのことわからなくても..彼の魂の容れ物が ここにしかないならー私はー)」

「(この人を守る)」

 

滝澤「!!」

「(もう一人で戦わせない)」

2

端が欠けたヒナミのマスク そこから強い意志を感じさせるような赫眼を見せながらヒナミの4本の赫子が激しく滝澤に襲いかっていく

ガガガガガ

滝澤「おじゃあああああああ!!!!!」

「あああああああああああああああ!!!!」

吹っ飛ばされる滝澤 また右腕がきられてその場に落ちる程のダメージを受けているようだがその光景を物陰から才子も怯えながら見ている様子

才子「(わひぃ…)」

 

滝澤「いたいいたい~」ムク

「…強いねええ ちゃんヒナァア」

が 何事も無いように滝澤が起き上がったかと思うと落とされた右腕も体側と腕側から互いに組織が伸び合うかのようにして瞬く間にくっついていってしまう

0

滝澤「おいちゃん」

「ハアハアしてきちゃったー」

 

「ーYO」

3

本気?を出した滝澤と対峙するヒナミ  一方その背後でどうやらうっすらと意識を取り戻した様子の佐々木がその背中に目を向ける

佐々木「う…あ…」

「(あの子…僕を…守って..?」

『(えらべ、えらべ)』

 

ビッグマダム「どけ三下どもがあああああッッ!!!」

「ぐう…護衛はなにしてるのよオオオ!!」

場面は倉庫内を駆けるビッグマダムと什造たちへ

流石に分が悪いと感じたのか倉庫内を逃走していくビッグマダムを陣形を組んだ什造達が追っていっている様子

ビッグマダム「什造ちゃん… 玲ちゃん!!」

「ヘルプ…ストップ…!!ママにたてつくの!?育ててやったのに…!!」

倉庫を逃げながら声をあげるビッグマダム しかしそれをよそに冷静な顔を浮かべた什造は部下達へと手信号をとばす

ビッグマダム「ママを..うらんでいる!?そうなの!?」

「きゃんッ!!」

什造の部下達からの一太刀を受けるビッグマダム

スポンサードリンク

半兵衛「(切断失礼)」

ビッグマダム「ぐあッ!!!」

更には半兵衛ともう一人の連携により片足や赫子?にダメージを受けて足をとめてしまうビッグマダム

ビッグマダム「ぐうううう」

「!!」

飛びかかる什造

「じゅうぞぅオオォォオオーッッ!!!」

4

遂には什造の攻撃が一閃 赫子も完全に切りとばされたビッグマダムは壁際へと倒れこむ

そしてそこへゆっくりと歩み寄っていく什造

ビッグマダム「ヒ…ヒイイイ…ッ!!!」

「謝るわ…どんな償いもする..!!だから..○さないで….」

マダムをじっと見つめる什造「….」

 

『ー什造ちゃん これがキリンよ』

『..きりん?』

『YES』

そして かつてビッグマダムと過ごしたひとときを振り返っている什造の描写

『世界で 一番ツブツブな生き物よ』

『…キリン』

5

什造「ーママ」

「…傷だけが」

「あなたからもらった何かでした」

「傷だけが..懐かしい」

「…周りの誰があなたをどう言おうと、僕は」

「あなたをうらんだことなんてない」

「これは…仕事です」

6

笑顔を見せる什造

冷静な瞳をうかべる部下達

 

ビッグマダム「…ッ…」

「クソガキが…ッ!!!」

「教えてやる私がお前を飼ってたのは たまたま造形が良かったからだボケが!

勘違いすんじゃねえぞお前なんか一度も愛してー!」

一気に顔色を変え目の前の什造に激しい言葉を叩きつけていくビッグマダム そしてそれを顔色は伺えないが静かにつっ立ったまま耳にしている什造

が その瞬間 半兵衛を除く部下達3人の強烈な一撃がビッグマダムを襲い サングラスがとぶ

半兵衛「…お耳を失礼」

そう言いながら後ろから什造の耳を塞ぐ半兵衛

 

什造「サヨナラ、おとうさん」

7

滝澤「ああああべさん!ああああべさん!カニクリームコロッケ!」

ヒナミ「ーくっ は…」

場面は再びヒナミ達へ 先程よりもまた更に破壊がすすんだような現場に両膝をついて苦しそうにしているヒナミはその赫子の大部分もちぎられた?かのような姿で息をつき 一方の滝澤は頭を抱えながらひとり悶つつ時折柱へと頭叩きつけている

ヒナミ「(これが….タキザワ..成功体オウル…)」

「ここで抑えないとなんのために…万丈さんたちと離れたのか…」

滝澤「ハぐがが..もどれもどれ… もういいってヴぁ…がががが」

「俺は喰ってない!!俺は喰ってないいいい!!!」ガンガンガゴンゴン

ヒナミ「(お兄ちゃん…私が守るから…)私が…」

ひたすら頭を打ちつけている滝澤を見やりつつもヒナミはなんとか立ち上がろうとする

 

佐々木「もう…いいよ」

ヒナミ「…!」

が そこへゆっくりと歩み寄りながらやって来た佐々木は自分はもう”君の知っていた人”ではないから行って下さいという

佐々木「ー身体は”カネキケン”でも 僕は佐々木琲世だから…」

 

「…ああ、でも」

「こんなに想われるなんてカネキくんは…きっと、 素敵な人だったのかな…」

そう言いながら滝澤の方へと近づいていく佐々木の方へと思わず手を伸ばすヒナミ

ヒナミ「あ、あ….(戦わないで…)」

「お兄ー」

才子「ママン!!!」

そこへヒナミの声にかぶせるように響いた才子の声 そして佐々木が振り向くとそこには立ち上がってこちらを見つめる才子の姿が

才子「い、いかんで」

佐々木「…..」

 

8

が 佐々木はその顔を一瞬見つめたものの返事を返すこともなく 再び滝澤の方へと歩き出してしまう

 

ヒナミ「…..」

「(”器”なんかじゃない)」

そういって先程伸ばした手をひくヒナミ

 

佐々木「…消えてもいいよ だから」

「僕に、守る力を下さい」

 

そう呟く佐々木の手は あの指を鳴らす時のあのかたちに

9

どこかカネキのような雰囲気をたたえながらその顔をあげる佐々木

『記憶なんてなくても』

『佐々木琲世(この人は) 金木研(お兄ちゃん)なんだ』

 - ネタバレ