東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京喰種:re 28話 ネタバレ 「場乱す」

   

過去のネタバレ記事はこちら

東京喰種:re 28話 「場乱す」ネタバレ

滝澤「ツッタカツッタカ タッタカツッタカ」

佐々木「がっ!ぐっ!!」

 

冒頭は佐々木の襟首を捕まえて建物の壁を走って登っていく滝澤のシーンから

佐々木は壁に削られているのもあるのか白目をむきながら苦しそうな声をあげている

タァァァン

あのドーム型の屋根の上にまでとびあがってきた滝澤「到着~アンドー」

「ー出国」

ゴォ

1

ドゴォ

滝澤から投げつけられた佐々木は屋根を突き破って激しくあの舞台上へとたたきつけられてしまう

滝澤「いい舞台だナア」

「劇でもやるか お前のセリフは そうな ”○たくない”と”やっぱ○にたい”」

 

カツン

ドゴォ

場面は引き続き戦闘中の だがどうやら三人で一旦距離を取っている様子のシラズ達へ

自分の聴覚をたよりにエコー検査の如く壁に埋め込まれたナッツの赫子を把握している様子のシラズがカツンと壁を叩く

するとやはりといった感じてあの赫子が壁を突き破って勢い良く出現する

不知「……(..やっぱそうだ”コイツ”は…)」

「(赫子は…あと5、6発ぐらいか…?)」

林村「”二種持ち”は経験がないとキツイ!単種のSレートよりよっぽどやりにくいぞ…」

不知「林村サン 才子ー」

二人に声をかける不知

 

そして少しの間三人で打ち合わせをしたような描写の後 再び三人は林村を先頭にナッツの前へと姿を現す

林村「(…一等ごときで どこまで凌げるか…)」

「(ひとまず俺が…一撃!! 情けないが…託すぞ、三等)」

接近戦で激しい攻撃を受け止めていく林村

 

「(ーオラ 跳べッ!!)」

左腕に傷を負いながらも鋭い一撃を放つ林村 跳び上がるナッツ

ドドドド

ナッツクラッカー「!!」

と そこを狙って放たれる不知の赫子

不知「行けッ!!」

 

が しかしそれはまたもナッツに弾かれてしまいその先端は天井の方へ

「(やつの”分離体”…仕組みは単純…)」

「(近くのものに反応して 突き出る!!!)

ナッツクラッカー「!!!」

 

不知の赫子に反応してか天井から勢い良く突き出しあらわれるあの分離体の赫子

それにより激しく体を貫通されたナッツクラッカーはそのまま宙ぶらりにとなってしまう

ナッツクラッカー「ぐえええ」

不知「才子ォ!!」

 

才子「(動きを奪っちまえばー)」

2

「(こっちのモンだ…!!)」

3

そしてまたも少しの間時間が経過したような描写

林村「ーどっちが化け物かわからんな…マジで…」

才子「ーゼエゼエ….」

先ほどより派手に抉れているように見える室内の床 荒れている机や椅子 そのなかでひとり床に手をつきヒドく息を切らしている才子

肩に手をやり気遣う不知「だ 大丈夫か?」

 

そして不知はそのまま倒れているナッツの方へと歩み寄っていく(ナッツの左腕は欠損?しているようにも見える)

不知「…危険度のたけぇグールの駆逐は..賞金が出る」

「(ーハル 稼ぐぞ)」

ナッツにクインケをつきたてる不知「テメェは いくらだ?」

ドス

ナッツクラッカー「グ…」

「が…あ…」

背景には幼いころから綺麗になることを夢見ていたナッツ?のような描写が

「き..れ..に… お金..お金が ほしい ぎ…」

 

「キレイイに… なりだい…」

4

ナッツのその言葉に思わず固まってしまう不知はやがてそのまま尻もちつくようにその場へたり込んでしまう

不知「….人間みてぇなこと」

 

「言ってんじゃねーよ….ー」

 

滝澤「弱ェ」

「弱ェ 弱ェ弱ェ弱ェ」

ドガァ

場面は再びほぼ一方的に蹂躙されつづけている佐々木のところへ

投げつけられ 蹴り飛ばされては 壁を突き破り 床に激しく叩きつけられてしまう佐々木

佐々木「(違う… )」

「(コイツが 強すぎるんだ)」

ズグ

佐々木の赫子が深くその体を貫くも やはり滝澤はまったく意に介していないといった様子

滝澤「オオオオイ 俺はこんなのと比べられてたのか?」

「ヨエヨエ過ぎるぜえええ 佐々木くん!!」

そう言われながらまたも滝澤によって高所から叩きつけられてしまう佐々木

 

佐々木「(文脈(手筋)が まったく出鱈目だ!!)」

「(こんなの…読めるわけ..)」

滝澤「マジで」

「なにをためらってるんだ佐々木くん」

「…いやー」

 

「カネキケン」

 

佐々木「違う」

朦朧とした目で その言葉に反応し一気に脳内に溢れ出る声 そしてそれに対し?ひたすら”違う”と繰り返し呟やき続ける佐々木の描写

『(僕は佐々木琲世です 佐々木琲世 僕は こんにちは 僕は 三等二等一等捜査官佐々木 カネキなんてしら 君なんて知らな~)』

「違う… 違う違う違う….」

 

スケアクロウ「○~で ×□○□▽△▽□かね」

間に短く入るどこかの部屋で放送設備?をいじっている様子のスケアクロウの描写

ポチ

肘で何かのボタンを押してしまった様子のスケアクロウ「ん?」

「○ん○□し○?」

 

捜査官達「ぐ!!うっあ!!ごあ!!」

村「…そろそろ スタミナ切れ起こすぞ」

場面はナキのところへと駆けつけ 戦闘継続中アヤト達のところへ

ナキとアヤト さすがに二人が揃ってはCCGも分が悪いのか 再び立ち上がって戦うナキ 羽赫を広げ戦うアヤトの前に次々と捜査官達が散っていく

そして そこから少し離れた所にはその様子と攻撃の機会を伺っているような村二等と朝知二等の二人の姿が

朝知「ラビットやりゃあすげぇ功績だよな」

村「白双翼とれんね」

 

とその瞬間にブスッ..とアヤトの羽赫が消えてしまう

 

朝知「来たぞガス欠」

村「んじゃ定石どおり」

朝知「羽赫の弱点はー」

「近接!!」

5

一瞬で距離を詰められて攻撃を受け?ごろんと転がっていく二人のくび

 

ミザ「ぐうっ!」

「(小娘がァッ…)」

ガッ

また一対一でやりあっていたアキラ対ミザの方は少し傷を受けたミザの方が退いていく様子

*「ーアキラちゃんやべえよ伊佐井さんとこのホープがラビットに…」

アキラ「(逃げるか三枚刃…)向かおう」

「…ラビットはロングレンジもインも辛口だ どの距離でも対応できる編成に組み直す」

 

屋上のヒナミ「ミザさん撤退してください…」

「アヤトくん達も引いて…ミザさん側にいたハトがそっちに…補充要員を..」

スポンサードリンク

『ぐああああああッッ!!!!』

ヒナミ「!!」

その時 館内放送によるものか突如一帯に大きく響き渡る佐々木の悲鳴?と滝澤の声が

「(…この声…ッ)

滝澤「ハハハハハ すげえ誰だこんな乙なことしてくれたのは?敷地内に響き渡ってるじゃねえか」

「いいこと思いついたー」

 

表情を変え通信しているアキラ「…和修准特等…佐々木一等は誰と交戦している」

「ー答えろ!!!!」

滝澤「ーいろんなとこを穴ぼこにして お前のビブレーション 仲間たちにも聞いて貰おうぜ」ニチニチ

 

そして マスクを静かにはずすウタ またいまだモニタールームにいるシラズ達にもその声が届いてる描写

 

不知「サッサン….か…?」

限界に近い?様子の林村「行け…三等…」

「後は自分でどうにかする..平気だ」

不知「林村さん…」

「サッサ..どこで…」グラ

と 倒れてしまう不知を支える才子だったが やがてモニタールームの操作ボタンを押してしまい その光景を目の当たりしてしまう

才子「あ…うう……あ…」

 

響き渡る佐々木と滝澤?の声

『ぐ…ぐああああッッ!!!!』

『アッ』

『ぎいいいいいいいああああああああ!!!!!』

『ははははははは!!!』

『おっおっおっおっ おっおっおっおっ』

『びゃああああああああああッ』

6

 

 - ネタバレ