東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京喰種:re 26話 ネタバレ 武臣のポテンシャル高い!ピエロ喰種を生身で撃破

   

過去のネタバレ記事はこちら

東京喰種:re 26話 「あ」ネタバレ

*「ヒィィイ!!」

*「どけぇええ!!」

冒頭はグールの集団に突っ込み 次々と始末していく什造と瓜江のところから

什造の姿をちらりと見る瓜江「(…鈴屋..!!さすがには疾風(はや)すぎる…!!)

(出し惜しみする必要などない…

黒磐、どこで戦ってるかしらんがー

貴様は俺には勝てない)」

「(俺の功績には!)」

遂に本気?を出した瓜江が什造の背を追い越すようにしてその赫子をふるいはじめる

また赫眼は心なしか以前よりも濃くなっているようにも

1

グール達「赫子…!?いやそれより隻眼…!!」

「なぜハトが..!!一体どうなってるというのだァ!!」

瓜江をちらりと見る什造「いいですねぇアレ」

そして自分も行かないとと焦る六月の前にもアオギリのグール達が

グール「おい…コイツ…さっきのオークションの..!」

六月「(アオギリ…!怖い…)」

「(けど…!)」

ザン

クインケで一人をしまつする六月

グール「貴様ッ!!」

六月「(…私はー)」

「(自分の弱さを飼い慣らしたい)」

 

ウタ「仕事が粗くなってきた 平子さんキツイ? 腕…」

場面は戦闘中の平子達へ

相変わらず平子の攻撃をひらりひらりとかわしながら一方的に話しかけている様子のウタ

ウタ「….」

「無反応って…つまらないな」

「辛いなら 辛い顔していいんだよ」

 

ズブ

平子の腕に刺さっていたあのナイフ それをさらに深く差しこむように上から叩くウタ

だがそれでも無言で耐えている様子の平子

ウタ「ほら いいんだよ」

倉元「(ータケさん…いくらタケさんでもノーフェイスは…)」

「!!」

一瞬倉元が平子へと視線をやった次の瞬間 突如床を突き破ってあらわれた赫子が下方から襲いかかる

それになんとか反応する倉元 だったが横にいた岡持二等はもろに体をつらぬかれてしまう

岡持「み..く….」

二階通路の手すりからそれを見下ろすロマ

ロマ「ふあ ツマンネ」

2

下口「アオギリの樹とピエロ..キツイな」

倉元「ピエロだけでもキツイっすからね」

背中合わせ声をかわす倉元と下口

ちなみに「ピエロマスク」については現在も構成数や活動区域目的等全て不明であり 享楽的主義者の集まりで普段集団行動を取らない ということ以外はまだ殆ど情報がないという

『しかし ひとたび召集があれば無類の組織力を発揮する 謎のグール集団』

倉元「実際…過去のピエロマスク掃討作戦..”有馬さんがいて、ギリ”だったって話だ」

下口「寄れ!羽赫を中心に方陣を組め!!茨橋班は後方を固めろ!」

「前は私がやる!!」

倉元「(こんなとこで対峙することになるなんて…今はCCGの戦力もピエロ達の状況も変わってるだろうけど..

相手にしたくない連中だってことは間違いない…!)」

3

武臣「…!!」

大柄ピエロとの交戦中 獲物を折られてしまう武臣

倉元「(マズイ..クインケが….!!)」

それに反応する倉元 がそれを手助けするのを阻むかのようにロマの赫子が襲いかかる

赫子を受けつつ声をとばす倉元「ぐっ!無茶するな!退け!!」

ペロ と下を出して笑うロマ

倉元「邪魔くっせぇな…!!」

4

パシィ

遂に足首をつかまれぶらり逆さまにと捕まってしまう武臣

捕まえた大柄「肉、締まりほどよき弾力この手に伝う」

「この ナゲット感覚!!」

大柄グールは一瞬笑うかのようにした後 武臣のふくらはぎに食いつくこうと大口をあける

「いただきー」

スポンサードリンク

ボゴォ

「まゥ」

素手で大柄グールの顔を殴り脱出する武臣

大柄「いででで」

 

「!!?!!」

また次の瞬間 武臣は裸絞めをかけるかのような格好でバックをとりながら首を極めにいく

「だめ だめっ それ だめ!!」

ガッチリとクビに腕をまわされかなりきいているのか周りの柱が砕けるほどに体当たりをしてそれを振りほどこうとしている大柄

が 鬼のように形相で首を極めている武臣は殆どそれを意に介さずといった様子

大柄「はなせ!いやなのォ!はなせ!」

 

倉元「おいおい..まさか…」

ロマ「なにやってんのガンボ」

ウタ「わあ すごい」

人が素手でグールを圧倒する様にはやはり驚きなのか思わず手をとめ視線を注いでいる様子の三人

そしてウタのその瞬間を逃さずといった平子の描写

 

『グールの生み出す運動エネルギーは ヒトの4~7倍と言われているがー

常人の数倍のパワーを発揮できる人間であれば 理論上生身でもグールに対抗できる

…ただ それが可能な人間はほんの一握り 全人類の0.01%にも満たないであろうー』

バキ

大柄グールのクビをへしおり 一息つく武臣

倉元「ーソレを、息子”も”やっちゃうかー…ハハハすげっ…」

 

そして先程の隙を逃さなかった平子の突きがウタの体へとまともに入る

 

ダメージがない?ウタ「あー」

 

「そろそろかなぁー」

 

ナッツクラッカー「ー二億..二億…どこ.. ま まマイ二億….」

場面は管理棟のモニターにかぶりつくようにしているナッツクラッカーのところへ

「!!」

と そこへ不知が背後から赫子で奇襲をかけるもなんなくとかわされてしまう

不知「チッ…気づきやがったか…!!なんつーかっこだよ… 才子ッ バックアップ頼む!!」

才子「具体的に何を!?」

林村「(これがQS…)」

「..!!」

 

「ダメだッ!!」

「跳ぶな三等!!」

 

不知「!!」

ナッツに飛びかかろうかとしたところを あの時の大芝の様に天井からの赫子攻撃をうけてしまう不知

その攻撃はは完全にからだを貫いてしまっている

「(なんだッ…!!?)」

「ぐ…ッソ…」

林村「…ッ!!米林三等サポート頼む!!」

才子「エッエッ ぐ、具体的に何を!!」

5

なにやら嬉しそうに?不知を見上げるナッツ

ナッツ「イキがよさソな、若気(ボル(?))を感じる」

東京喰種:re 2巻 発売中!

 - ネタバレ