東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

東京喰種:re 23話 ネタバレ 瓜江暴走フラグ立ちまくりww

   

過去のネタバレ記事はこちら

東京喰種:re 23話 「梨酒」ネタバレ

「班長!上」

大芝「ヌッ!」

場面は管理棟に辿り着いた大芝班が天井から降ってくるナッツクラッカーの攻撃を受けるシーンから

大芝「そのからだつき…ナッツクラッカーか!エ○汚いボディしやがって!」

ナッツクラッカーの奇襲をなんとかさばく大芝

ナッツクラッカーも壁をはしるような素早い身のこなしを見せているが 大芝班もそれまけじと一斉に射撃で応戦する

「尾赫のレートAだ!この人数なら問題ない!落ち着いてかかれ!」

程なくして腹部に痛烈な攻撃を受けてしまうナッツクラッカー

ナッツ「グゲ」

追撃をかける大芝「押さえてろッ!!」

1

ガギ

不知「ごあっ!」

場面は叶と交戦中の佐々木達へ

叶は不知と瓜江の二人同時攻撃を軽くいなしつつ反撃をおこなっている

ガキィン

佐々木とつばぜり合いになる叶「(ゴ○ブタが….!!貴様が…貴様の…)」

「(貴様のせいで…..!!)」

2

叶の回想シーン

ガッ

しかしすぐに佐々木は力強い一撃で叶の体勢を崩す

佐々木「瓜江!不知!」

 

次の瞬間 瓜江と不知の同時攻撃を被弾し倒れる叶

叶「(習さま…)我が…」

ヒュルッ

「!?」

その時 叶を救出するかのようにどこからか伸びて来る一本の赫子が

瞬時に叶の体をキャッチしその場を離れようとするもすかさず瓜江がそれに反応をみせる

チュン

瓜江「(浅いか)」

クインケをふるうも惜しくも叶にかすっただけになってしまう瓜江

そしてその赫子の先にはあの松前の姿が

叶「松…まえ」

ピシ

佐々木達「!!」

そして通路を赫子?によって封鎖しつつ松前達はその身を隠してしまう

バリケードの様に通路を塞ぐ赫子に瓜江が一度斬りつけてみるものの破壊はできない様子

佐々木「逃げられた….」

「赫子を分離….こんな事もできるのか…」

スポンサードリンク

ドズッ

大芝「!!」

*「大芝さん!」

*「班長!」

場面は再び大芝班へ トドメの一撃だと言わんばかりにナッツクラッカーに飛びかかった大芝だったが

突然天井を突き破って現れた赫子の一撃を背後から受けてしまう

大芝「(天井に…仕込んでやがったのか…!!)」

「(こいつ思ってたよりうわて..)」

どことなく口元に笑みを浮かべるような表情をみせるナッツクラッカー

そして尾赫につづいて甲赫 新たな赫子を繰り出したことにより一気に大芝班を窮地に追い込んでゆく

吹き飛ばされ しまつされていく捜査官達

通信する大芝「(赫子が…もう一種..だと!!)ぐが こちら大芝…

ナッツクラッカーは複合型の赫子を所持..!尾赫にくわえ甲赫が発現!推定レートは…」

パキュン

「(す え!!!!!」)

 

大芝の股間にそのヒールを振り下ろすナッツクラッカー 大芝は泡を吹いて気絶している様子

そしてナッツは潰れているそれをすくい上げ口へと運ぶ

ナッツクラッカー「美容によし」

 

田方「..!!」

ひとりまだ現場で無事だった様子の田方二等

なんとか立ち上がろうとするもすぐにナッツに捕まえられてしまう

顔を品定めするかのように見つめるナッツクラッカー「おおきなめめ まんまるなおでこ ぷるりとした唇 きれい あなた」

そしてまるでくちづけするようにその顔を近づける

 

バキバキバキバキ

ビチャビチャ…

 

『こちら佐々木』

『和修だ』

場面は再度佐々木達へ 他の現場も騒然としている様子が見えるなか 佐々木は六月と合流したことなどを政に報告している

また傍らでは不知が赫子でもって通路を塞ぐ赫子を破壊しようと奮闘している様子

佐々木「ーは 赫子の壁により進行を阻まれており現在通路を開放しておりますー」

だが政は佐々木に対し 転がっている○体どもをどう思う?と尋ねる

佐々木「….」

「..個人的には違和感をおぼえます 退治したグールがほとんどアオギリの樹ばかりです」

「オークションが行われていたなら客がいたはずー」

政「(バカではないようだ)」

 

「そうだ つまりー 客とマダムはアオギリの庇護のもとこの施設内のどこかに匿われている 逃げ出す頃合いを見計らってな」

背景にはあの六月がとらわれていたコンテナが並ぶ倉庫の描写 人影は見えないがなにやらざわついている様子

そしてそれから政はそれらを暴くために管理棟へと大芝班を向かわせたが全滅してしまったと告げる

佐々木「….!!」

政「交戦したグールはナッツクラッカー単体」

「レートはAからSに繰り上げた」

そして食事をおえて満足そうな笑みを浮かべるナッツの描写

 

「クインクス班はナッツクラッカーの駆逐に向かえ 阿藤班もむかわせる」

佐々木「(大芝さん…) 了解」

傍らでは もう作業をやめたのか不知が六月にクインケを手渡している描写が

そして政へと意見具申をはじめる佐々木 ナッツがSレートともなれば危険も伴うし疲弊と負傷がみられる六月三等の退却の許可を..と伝えている様子

政「…..」

「…わかった」

「安全のため同行者をつけろ …瓜江二等が適任だろう」

それに対し返事をした後佐々木は通信を終える また現状では瓜江くん以外には選択肢はないと政とは同様の判断である様子

 

佐々木「六月くんは本陣まで戻って医療班の看護を受けて」

六月「…!」

佐々木「君のお陰で奴らの不意をつけた 今日の君の任務はこれで終了だ….よく頑張った六月三等」

穏やかな笑顔を見せている佐々木達 だが瓜江だけはそっぽを向いている

思わず涙をこぼしている?六月「(これで……)」

そして 退路は瓜江くんに任せるという佐々木だったがそこへ瓜江が食い下がる

瓜江「(なにっ)」

「佐々木一等…しかし…!(俺の功績はどうなる)」

佐々木「不知くんはルート把握が不安だ…才子ちゃんと六月くん二人だと戦力的に心細い…

君だけが彼を守りながら本陣に戻れる」

「君が功績をあげたい気持ちはわかる でも今は君にしか頼めない….」

 

「(ふざけるな一人で戻れ 一人で戻れないならそれかあんたがついていけばいいだろう おれの木犀章….)」

の様な気持ちを口にだすこと無く瓜江は不満げな顔で瓜江はそれに「わかりました」と返事をかえす

頭を下げる佐々木「六月くんをよろしくお願いします」

 

佐々木「僕らは管理棟へ急ごう…」

才子「達者でな ちゃんこむ…」

気を取り直し管理棟へと急ぐ構えをみせる佐々木達三人

しかし描かれている見取り図によると どうやらこのままだと六月と瓜江はあの滝澤がいるであろうエントランスを通ってしまう様子

3

政『ーこちら和修 阿藤班は至急管理棟へと向かってくれ …..阿藤准特等?』

 

『了解~~っす』

むしゃむしゃ

 

 

滝澤「おいしい すごくおいしい」

トイレに潜み食事をしながら無線にこたえる滝澤 口をつけているのはやはりあの阿藤班の様子

傍らには怯えてすくんでいる捜査官二人の姿も(久木山・陶木?)

 

二人で通路を急ぐ六月「ーありがとう瓜江くん…」

数歩先を進む瓜江「…六月 止まれ」

立ち止まる六月「…?」

瓜江「….悪いな」

4

感想

瓜江やらかしフラグ立ちまくりですねw

十中八九大物喰種を駆逐が目的っぽいですが、当たるとすれば 滝澤?

フレーム開放で暴走フラグも立ってますし瓜江ヤバそうww

 - ネタバレ