東京喰種:re 〜トーキョーグールネタバレ・考察サイト〜

東京喰種の最新ネタバレ情報やキャラ・赫子・クインケ情報等をまとめています。

和修政怖すぎ!東京喰種:re 14話「韻に触れる」のネタバレあり感想まとめ

      2015/03/10

過去のネタバレ記事はこちら

東京喰種:re 14話「韻に触れる」あらすじ

和修政

冒頭和修政の略歴が描かれる

18歳でドイツのアカデミーに入学Ⅰ課の二等捜査官として戦い「ロズヴァルト家」を壊滅させる

24歳で上等捜査官になり帰国してⅡ課に所属する

和修は六月を単独でオークションに潜入捜査させろと指示

一人は危険だという佐々木琲世に凄む和修

すかさず自分も参加するとフォローする鈴屋什造

和修も参加を認める

オークション掃討作戦はS2班、鈴屋班、平子、真戸アキラ、下口の上等捜査官が指揮を取る

六月を心配する佐々木琲世に強くなれと言うアキラ

六月に伝える佐々木、遺書を書いてきたシラズ(随書になってるww)

最後にアヤトにタタラから伝言を伝えにくるエト

アヤトエト

スポンサードリンク

ネタバレあり感想

https://twitter.com/nyaru_5532/status/560599377505288192

https://twitter.com/ysro00/status/560602608121810945

https://twitter.com/kkkkkzu56/status/560525668815884288

 - ネタバレ, 感想